くにまち応援団

[ボランティアチーム・如水コンサート企画]代表 瓦林秀嗣さん

「ボランティアチーム・如水コンサート企画」は、一橋大学の同窓会である「一般社団法人 如水会」後援の任意団体です。  創建(1927年)以来、その響きの良さに定評がある一橋大学兼松講堂が、卒業生等の募金により音響にも配慮された大改修が行われたのを機に、 “コンサートホール”として有効活用を図ることによって、大学と地域との交流に貢献すること――これが「如水コンサート企画」の目指すも のです。 2004 […]

国立北区商店会

  国立市の中央線より北には3つの商店会があります。そのうちの1つが国立北区商店会。ちょうど東西の中心あたりに位置しています。2010年に創立50周年を迎えました。 国立北区商店会がすごいのは、毎年9月に行われる商店会のお祭り「ワイワイまつり」で、メインストリートを歩行者天国にしてしまうところです。交通規制された道路では家族向けの催し物が行われます(輪投げ、子ども神輿、お囃子、チンドン屋、どじょう […]

[国立せきやビル]

株式会社せきやは創業してから104年、国立では最も古い酒屋の一つです。 入口をくぐるとビール・焼酎・ワインがずらっと積まれていて、一見狭く見えます。でも小脇のカーブ階段を降りてみてください。地下にはレンガ造りの 酒蔵が広がっています。こっちの部屋にはワインが、あっちの部屋には日本酒が。「隠れ家的な造りになっていて、酒好きにはたまらない空間です」と、店長の 北島康男さんは言います。 せきやの成り立ち […]

村上工業株式会社

村上工業の創業は大正12年。昨年創業90周年を迎えました。現在のオーナーである村上隆秀さんは三代目になります。 関東大震災のあった大正12年、東京都墨田区本所で大工業務を起こし、その後材木販売を手がけ、いまではビル建築をはじめ、基礎掘削・残土運搬などが主力になりました。 左 の写真は、国立府中インターチェンジそばにある村上工業の「国立インター貯留施設」です。残土やコンクリートなどの産業廃棄物の中間 […]

[国立の自然と文化を守る会]

国立の歴史を紐解くたびに、いつも参考になる国立の郷土誌があります。 それは『あおぞら-国立の自然と文化-』です。同誌を編集・発行したのが「国立の自然と文化を守る会」です。 『あおぞら-国立の自然と文化-』は、同会の創立35周年の記念誌として2002年に誕生しました。少年時代から谷保地域で過ごされた画家の早川薫 太郎氏の版画や漫画が掲載され、かつての箱根土地株式会社の重役をお父上に持つ中島渉氏より提 […]

[紀ノ国屋 国立店]店長 伊藤博史さん

紀ノ国屋は1953年(創業は1910年)、日本で最初に誕生したセルフサービスのスーパーマーケットです。国立店のオープンは1970年。本店の青山店 の次に歴史のある店舗です。「国立店の開店のころの大学通りには数えるくらいのビルしかなかったですよ」というのは店長の伊藤博史さんです。 果実専門店として創業し、宮内庁御用の果物商として門鑑を受け「紀ノ国屋と言えば果物」という方も多いのですが、伊藤さんは「生 […]

[西都ヤクルト販売(株)]

西都ヤクルト販売(株)は、ヤクルト中央研究所がある国立市を中心に、立川市、八王子市、昭島市、日野市、稲城市、多摩市、7市135万人をカバーするヤクルト製品の販売会社です。 「世界の人々の健康を守りたい」という企業理念のもと、地域に密着した形でサービスを行っています。 地域の小学校との連携のもと「おなか元気教室」という出前授業を行っています。授業を通じ、おなかの健康の大切さを伝えられるようこれからも […]

[杉田和男さん]

杉田和男さんは15代続く農家さんです(上左写真の一番左が和男さん、真ん中が息子さんの拓也さん、右が奥さまの伸子さんです)。現在は約15年前からは じまった、市民に農業を体験してもらう活動「農業塾」の指導も行っています。農業塾は元は市の事業としてはじまったものですが、予定されていた終了の期限 が迫った時、「終わらせるのはもったいない」と農家の仲間とともに引き継いでいます。国立市の北や東から来られてい […]

[ (有)三多摩ハウジングサービス]吉野利春さん

三多摩ハウジングサービス代表取締役の吉野利春さんは、下記に記載のあるとおり、地元の多くの社会奉仕活動に努められています。 ・立川国立地区交通安全協会 副会長 ・国立市美化推進協議会 会長 ・東京国立ロータリークラブ 会員 立川国立地区交通安全協会は、東京の交通安全を願って、戦後間もない昭和21年に設立された民間の団体です。親子自転車教室や交通安全市民の集いの開催などを行っています。 国立市美化推進 […]

[ジュディハウス77]

国立にまだブティックなどなかった1970年、初めてできた、おしゃれでハイセンスなブティック。それが旭通りにあるジュディです。その支店であるジュ ディハウス77(ブランコ通り)では、イタリアから直輸入したシャンデリアや、繊細な藤の手すり、ウッディな床など、至るところに五十嵐一典さんの美意識 を見ることができます。店名の「ジュディ」も、当時アメリカで大人気だったブティックにちなんでつけたそうです。 & […]

1 / 912345...最後 »
\トップに戻るニャン/