くにまち応援団

[株式会社さえきセルバホールディングス]常務取締役・長谷川徹さん

市民の皆さまにおなじみの総合食料品スーパーマーケット「さえき」は、国立発祥のお店です。今でこそ全国に41店舗を構えるほどに成長したさえきですが、 株式会社さえきセルバホールディングス常務取締役で、株式会社さえき代表取締役社長の長谷川徹さんは「はじまりは17坪の青果業からでした」と言います。

1979年、矢川駅前に青果の個人商店「フレッシュショップさえき」が開店しました。創業者は現在の株式会社さえきセルバホールディングス代表取締役社長の佐伯行彦さんです。

自身も国立育ちという長谷川さんは「当時は矢川だけでなく、もっと広い地域からもお客さまが来店されていましたね」と当時の賑わいを振り返ります。

創業から10年後の1989年、待望のスーパー第一号店「さえき国立食品館」が国立市西に誕生。一昨年の2011年には「株式会社さえきホールディ ングス」を設立し持株会社体制となりました。株式会社さえき(東京・埼玉)、株式会社茨城さえき(茨城・千葉)、株式会社山梨さえき、株式会社フーズマー ケットホック(島根・鳥取)の4社を子会社化しています。

さえきの企業テーマは「食の安心と安全、美と健康」です。長谷川さんは「お客さまに楽しくお買い物をしていただく店舗づくりが目標です」と言います。

「通常の品ぞろえに対し、プラスワンの品ぞろえ、本当においしい品をご提供することにチャレンジしています」

そのための人財育成にも尽力しているんだとか。入社4年目の社員を対象に、海外流通研修を毎年実施しています。海外での事例を見て、現場で活かせる社員になってほしいとの思いからです。

「人財が大事なんです。お客さまに食の安心と安全、美と健康をご提供するにはスタッフがプロにならねば。お客さまに商品の特徴を伝えられるような人 財を一人でも多く増やしたいんです。だからさえきでは他社のスーパーで言う「商品部」ではなくて「商品開発部」と呼びます。お客さまに商品をご提供するの に、まず自分が見て食べて学ぶ。自分の足で商品を見つけるのが大事なんです」

さえきホールディングスのスタートにあたり、コーポレートアイデンティティマークも制定しました。デザインは武蔵野美術大学デザイン情報学科井口教 授に委嘱したもの。創業地であり、現在本社を構えている国立市の桜並木の桜と、頭文字「S」をモチーフにしたデザインになっています。コンセプトは『桜の 様に当たり前にそばにいる』。

「地域のお客さまになくてはならないお店を目指しています」(長谷川さん)

社名 株式会社さえきセルバホールディングス
事業内容 総合食料品スーパーマーケット
住所 国立市西1-11-6
電話番号 042-573-8855
ホームページ http://saeki-selvahd.jp/
営業時間 ◆フーズマーケットさえき国立店
住所:国立市西1-11-6
営業時間:9:00~24:00
電話番号:042-573-8885◆フーズマーケットさえき富士見台店
住所:国立市富士見台2-45-1
営業時間:9:00~22:00
電話番号:042-576-3333

◆富士見通食品館
住所:国立市中1-19-10
営業時間:7:00~25:00
電話番号:042-571-2244

取材・執筆・撮影:くにたち総合ポータルサイト事業協議会事務局
\トップに戻るニャン/