国立市観光まちづくり協会について

設立趣旨

このまちの活力衰退を防ぐため「地域を経営する」という視点から、新たな地域活性策をはかることが必要となり国立のまちが持つ個性や魅力を高め、まちの内外に情報として発信しながら、このまちに人を集め、新たな賑わいを生み出すという、まちの活力創出ができる団体として2006年6月「国立市観光まちづくり協会」が設立されました。会費で運営する日本でも珍しい観光協会として、内外へ情報発信しながら、まちの活性化を創出していきます。2008年10月には東京都より非営利活動法人として認定されました。

活動内容

①シティプロモーション事業

  • 情報発信事業(会報発行、マップ作成)
  • シティプロモーションサイト制作運営、取材、ホームページ作成

②フィルムコミッション事業

  • 撮影手配、アレンジ、撮影支援協力
  • ホームページ運営、PR映像等各種媒体配布

③賑わい事業

  • さくらウォーキング
  • まち歩き事業(春のライトアップ事業)

④イベント事業

  • 講演会開催
  • フォトコンテスト
  • キャラクターの活用

⑤観光案内人事業

  • 観光案内人制度の運営

⑥連携事業

  • くにたち花と緑のまちづくり協議会参画
  • 音楽祭、旧車祭等各団体との連携
  • 観光大使制度の運営

名称

特定非営利活動法人 国立市観光まちづくり協会
Kunitachi Tourism Association(Non Profit Organization)

設立

2006年6月

役員

相談役
喜連 元昭
佐藤 収一
理事長
三田 友一
副理事長
桂 耕史
保科 隆治
理事
板坂克二
井田 満
岡本正伸
小野淳
加藤健介
北島和貴
北島康男
沢辺満智子
渋谷修一
杉田和男
髙橋真梧
田中久一
平林正夫
本間康彦
間瀬英一郎
山本孝洋
監事
木村 淳二
原田 洋示

※ 五十音順

あゆみ

2006年6月 創立
2008年10月 非営利活動法人に認可される

\トップに戻るニャン/